輸送の安全に関わる情報

2018年度 運輸安全報告書

1.輸送の安全に関する基本方針

北陸交通株式会社は、輸送の安全確保が旅客自動車運送事業の社会的使命と深く認識し、全社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識の徹底を図り、安全マネジメント体制の維持と継続的な改善に努めるため、次のとおり安全方針を定めます。

  • (1)社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど、現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底してまいります。
  • (2)輸送の安全に関する計画の策定・実行・チェック・改善(Plan Do Check Act)を確実に実行し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することで絶えず輸送の安全性の向上に努めてまいります。
  • (3)輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。

2.輸送の安全に関する重点施策

輸送の安全に関する方針に基づき、次に掲げる事項を実施いたします。

  • (1)輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守いたします。
  • (2)輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
  • (3)輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。
  • (4)輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達・共有いたします。
  • (5)輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施いたします。

3.輸送の安全に関する目標及び達成状況

2018年度 2019年度
安全目標 結果 安全目標
重大事故 0件 0件 0件
人身事故(車内事故を含む) 0件 0件 0件
有責事故 0件 10件 0件
物損事故50パーセント削減 5件 10件 5件

事故に関する内訳

事故内容 2017年度 2018年度
人身事故 0件 0件
車内事故 0件 0件
接触事故 3件 6件
後退事故 6件 3件
その他 0件 1件
合  計 9件 10件
※2018年度「その他」は脱輪事故

4.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

(2018年度実績)

種 別 転 覆 転 落 火 災 踏 切 死 傷 その他 合 計
件 数 0 0 0 0 0 0 0
負傷者数 0 0 0 0 0 0 0

5.安全管理規程

別紙 【安全管理規程】 参照

6.輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

  • (1)安全推進会議等による輸送の安全計画の策定・実施
    ・安全統括管理者を含む経営トップと運行部管理職で構成される「安全推進会議」を毎月下旬に定例開催。安全の確保に関する基本計画を策定し、実施計画や具体的取り組みについて報告や検討及び共有(2018年度は12回開催)
    ・安全統括管理者と運行部員で構成される「事故検証防止委員会」を年度末に開催。事故削減に向けた原因究明と再発防止策の検証
    ・安全輸送のための社員参画意識向上に向けた、小グループの「乗務主任会議」と「乗務員班別会議」による討議の実施と意見交換
  • (2)事故に関する情報の共有と安全意識の高揚
    ・事故速報、ヒヤリハット(事故の芽)情報を職場に掲示し、安全情報の共有化を促進
    ・事故防止及び危険情報等に関する警告や通達等の適時発信
    ・職場集会等の機会を利用した「安全への取り組み」等の周知や「安全に関する意見や情報」の聴取と活用
    ・無事故表彰制度やセーフティコンテストによる安全意識の高揚活動の展開
    ・運転記録証明書の発行、照会による法令遵守意識の啓蒙
  • (3)緊急時における対応訓練
    ・緊急時における報告連絡体制の確立
    ・通信機やメール等のITを活用した連絡訓練の実施(防災訓練時等)
  • (4)輸送の安全に関する投資等
    ・車両の更新(最新の安全装置を備えた新型車両の導入)※2018年度は大型車2両を導入、2019年度は大型車2両導入予定
    ・ドライブレコーダー機能搭載のデジタルタコグラフ「矢崎DTG7」の順次搭載
      ※2018年度は全28両中の7両に搭載、2019年度は9両に追加搭載予定(新車導入2両を含む)
    ・定期健康診断及び特定業務検診(深夜業)の実施と受診後の指導
    ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査、脳ドック検診による健康状態の把握と健康起因による事故の未然防止
    ・ストレスチェックによるメンタル面の異常の早期発見
    ・外部機関の運転技術研修による安全運転の知識及び技能の実践的な習得
    ・運転記録証明書の発行、照会による法令遵守意識の啓蒙
    ・無事故報奨金制度による安全意識の高揚活動の展開
  • (5)安全統括管理者及び役員トップの立会点呼実施による安全意識の高揚と独自の安全運動の取り組み
    ・立会点呼の実施 ※全国交通安全運動期間及び交通安全県民運動期間に合わせて年4回実施
    ・独自の安全運動の取り組み ※事故ゼロ運動を年2回実施(2018年8月、10月)

7.輸送の安全にかかわる情報の伝達体制その他の組織体制

別紙 【運行管理体制図 兼 緊急時連絡体制図】 参照

8.輸送の安全にかかわる教育及び研修の実施状況

・運輸安全マネジメントに関する国土交通省認定セミナー受講
・旅客自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針に沿った乗務員安全講習会の開催
・運行管理者等一般講習による職務の習熟と危機管理能力の増進
・警察関係者等の外部講師招聘による安全講習会の開催
・白山野々市消防本部鶴来消防署及び防災学習センターの協力を得て実施する重大事故等を想定した非常時対応訓練並びに心肺蘇生法、AED使用法等の救命救急講習による危機管理体制の構築
・適性診断の実施と指導
・ドライブレコーダーやデジタルタコグラフを活用した安全運転教育と指導及び情報の共有
・危険予知トレーニングの実施による運転士の危機回避意識の造成
・運転士の健康を起因とする操作不能等緊急時における車両停止措置を目的としたホイールパークブレーキ講習会の開催
・高齢者疑似体験キットを使用した車内事故防止教育の実施
・初任運転士を対象とする雪上チェーン着脱訓練及び冬期走行訓練の実施
・指導運転士(乗務主任)による新採運転士への重点指導の実施

9.輸送の安全にかかわる内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

・北陸鉄道グループ本社の運輸安全マネジメント内部監査の実施

実施日2018年4月5日(木)
監査員常勤監査役、人事部次長、監査室次長、監査室係長
監査項目①点呼実施要領、点呼手順の内容確認及び点呼の緊張感を維持する取り組み
②最近の不祥事事案発生を受けた点呼等での指導内容及び指導記録
③これまでの要改善事項に対する対応状況
④その他
結果及び改善
優良事例①教育指導責任者及び担当者の外部機関による講習受講
②指導監督指針に沿った半年に1度の全乗務員対象の安全研修会の実施
③ドライブレコーダー記録を活用したヒヤリハット情報の共有
指摘事項①重要業務通達において点呼時に指導した記録として乗務員全員の確認印を押印すること
②点呼簿の点呼執行者欄には点呼執行者を明確にするため、執行者が確実に押印すること

※上記内部監査において指摘事項については2018年4月27日に是正完了

旅客自動車運送事業者安全情報
【 報告年度:2018年度 】
事業者名 北陸交通株式会社
代表者名 取締役社長 宮岸 武司
本社所在地 〒920-2141 石川県白山市安養寺町ニ30番地
電話番号 076-256-3115(代表)
営業所数 1営業所(貸切のみ)
設立年月日 2005年 2月 2日 (同年4月1日より営業開始)
事業許可 2005年 3月18日
許可番号 北信交旅第925号
営業区域 石川県一円、福井県勝山市、岐阜県大野郡白川村
バス協会加盟 公益社団法人日本バス協会、公益社団法人石川県バス協会
安全統括管理者 小柳 雅靖
運行管理者 選任11名、補助者10名
整備管理者 選任 5名
運転者数 33名(貸切専属運転者24名、兼務運転者9名)
車両保有台数 28台(大型24台、中型4台)
車齢 大型(最新2018年式~最古2006年式)、中型(最新2017年式~最古2012年式)
ASV(先進安全自動車)車両 衝突被害軽減ブレーキ(大型11台、中型3台)
車両安定性制御装置 (大型 4台、中型2台)
ふらつき注意喚起装置(大型16台、中型3台)
車線逸脱警報装置  (大型16台、中型1台)
ドライブレコーダー搭載車両 28台(全車搭載)
デジタルタコグラフ搭載車両 28台(全車搭載)※クラリオンCF-2500A-A搭載21台、矢崎DTG7搭載7台
任意保険加入情報 対人/無制限、対物/無制限(全車共通)