News & Topics

大型バス(中二階セミサロン)新車2両導入のお知らせ。

IMG_8460-001z    photo_homepage_cosmos_shanaiz

 

 

北陸交通では7月24日、新車の大型バスを2両導入しました。

車両は三菱ふそう製の中二階タイプ「エアロクィーン」で53人乗りです(正座席45・補助席8)。

 

衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報装置、車両安定制御システムなどの安全機能に加え、今回導入した車両には

ドライバーモニターカメラ(顔認識カメラ)を新たに搭載しました。ドライバーの顔の動きをとらえて注意力を監視し、

左右のわき見などを感知した場合には、ブザーと画面表示で警告します。

白線認識カメラや各種センサーを使用した運転注意力モニター機能が更に進化し、バスにとって最も重要な安全性能を

格段に磨き上げた車両です。

 

IMG_8414z   IMG_8507z

 

北陸交通で初の新型8速AMT(Automated Manual Transmission)を採用し、クラッチペダルの無い2ペダル化と自動

変速により、ドライバーがハンドル操作に集中できるようになりました。

 

また、すべての正座席に3点式のシートベルトを採用したことで、お客様の安全性をより高めています。

 

移動中の車内でも自由にインターネットをご利用いただけるように、フリーWi-Fiのサービスも開始するほか、USB充電

コンセントやプラズマクラスターイオン発生装置(※1)、AEDなども装備して、より快適なバスの旅をご提供いたします。

 

 

(※1)プラズマクラスターは、シャープ株式会社の登録商標です。