「安全・安心・快適」のために

私たち北陸交通は、安全運行に努めています。

私たち北陸交通は、道路運送法や道路交通法などの法規を遵守することはもちろんながら、過労運転にならないように労働法規、特に自動車運転者の労働改善基準に抵触しないよう、安全運行に努めています。

北陸交通では、お客様の安全の為、走行時におけるシートベルト着用をお願いしています。また、道路交通法により高速道路走行中はバスガイドが着席してご案内をいたします。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

  • 点呼

    点呼・出庫時の運行打合せ

  • アルコールチェック

    出庫・帰着時のアルコールチェック

  • 定期講習会

    全社員を対象にした定期講習会

最新安全装置搭載の新型車両を順次導入

安全性をさらに高めるため、最新の安全装置を搭載した新型車両を順次導入しています。新型車両では、運転注意力の低下による事故の発生を未然に予防する新世代の安全システム「MDAS-Ⅲ」や、追突のおそれが高まると強力なブレーキが作動する「衝突被害軽減ブレーキシステム」などを採用しています。客席においては新保安基準に対応し、強い衝撃にも耐えられるシートも備えています。

最新安全装置搭載
①ドライブレコーダー 映像記録型ドライブレコーダーを搭載することで運転者の安全意識の向上を図り、データの安全運転指導への活用・事故調査・分析を図ります。
②サイドビューカメラ ワイドミラーで確認が難しかったエリアを、左右ウィンカーに連動しバックモニターに表示します。左折時や合流時、パーキング出発時など様々な場面で安全性を高めます。
③高精度ミリ波レーダー 前車との車間距離を高精度ミリ波レーダーで監視します。衝突の恐れがある場合、警報音で注意を促し、衝突の可能性が高い場合はブレーキ制御で速度を低減。被害を最小限に抑えます。
④白線認識カメラ 走行時に白線認識カメラや各種センサーで運転注意力を推定。低下していると判断すると、トップクラスの早さで警報音を発します。
⑤客席最前列3点式ELRシートベルト 万一の前面衝突時、前方に飛び出す可能性のある最前列に座る方のために、よりしっかりと身体をホールドするELR付3点式シートベルトを装備しています。

信頼ある国内メーカー製タイヤを全車装着

安全走行の要となるタイヤは、信頼ある国内メーカー製(ブリヂストン、ダンロップ、ヨコハマ)のタイヤを全車に装着しています。空気圧や溝のチェック、ローテーション(位置交換)などの点検・整備を適切に行うことにより、早期の異常発見にも繋げます。

信頼ある国内メーカー製タイヤを全車装着

タイヤメーカー/販売店様からも次の点で「安全・安心・快適」の信頼を得ています。

・ タイヤに溝が残っていても、夏冬タイヤ2シーズンで新品に交換している
・ 50%摩耗(すり減った)したタイヤは新品に交換している
・ お客様優先で「快適で乗り心地の良いタイヤ」を選択している